【新品】やがて海へと届く

¥ 704

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    全国一律 230円

※13,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

「その子がいなくなったときも(中略)、虫の知らせなんかこれっぽっちもなかった。周りの人たちの命と私の命は、全然つながっていないんだなって(後略)」。この台詞は『やがて海へと届く』という小説に出てくる一文ですが、主人公の親友があの震災の日に消息を絶ち、それから3年が経ったある日、出てくる言葉です。
突然の別れに対しどう向き合えばいいのか、そもそも向き合う必要があるのかも含め正解なんてないのですが、そこに寄り添う物語だと店主は感じました。

Today’s book is the story of grief for and recover from the death of best friend. There isn’t the right answer about this kind of grief.
We feel this novel snuggles up to the grief of someone’s heart.

出版社 講談社
著者 彩瀬まる
サイズ等 文庫